PR

 NTTデータは2022年10月26日、同社が取り組んでいる文化遺産のデジタルアーカイブや、デジタル空間に対する感性分析などのメタバース関連技術を報道陣に披露した。具体的にはバチカン市国の建造物の3Dデータ化、感性分析AIを利用したメタバース空間構築の支援だ。

 「NTTデータは1996年から仮想ショッピングモールに取り組むなど、メタバース関連技術に取り組んできた」。NTTデータ技術開発本部の山田達司氏は、現在様々な企業がメタバース関連技術に取り組む中、同社が以前から着手してきたこと、その知見を蓄積してきたことを訴えた。

 メタバース関連の取り組みとして、同社は世界各地の文化遺産をデジタルアーカイブ化する「AMLAD Metaverse Initiative構想」を紹介。もともと文化遺産・美術品をデジタルアーカイブ化する事業「AMLAD」に取り組んでおり、同構想を介してメタバース時代らしい体験の提供を模索する。

 この一環としてバチカン市国の建造物「Gregorian Tower」を3Dデータ化しており、バーチャル空間展示の作成に協力している。同構想に取り組むNTTデータ デジタルソリューション統括部営業企画担当の長谷部旭陽課長は「2019年付近から建造物の3Dデータ化を進め、2021年10月からのドバイ国際博覧会で披露した」と話す。

バチカン市国の建造物「Gregorian Tower」を3Dデータ化
バチカン市国の建造物「Gregorian Tower」を3Dデータ化
(NTTデータの投映資料を日経クロステックが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにメタバース空間の感性・印象の分析のため、脳活動を基にした感性分析AI「NeuroAI」を利用した取り組みにも触れた。NeuroAIは映像や音楽などのコンテンツに対し、人間がどんな反応を示すかという感性分析を実現する技術だ。同技術をメタバース空間に適用することで、「言語化しにくい空間の印象を可視化できる。空間に、何を、どう配置すれば、ユーザーの耳目を集められ、違和感がないのかなどを検討できる。2022年から実験を開始した」(長谷部課長)。

NeuroAIによる感性・印象の分析
NeuroAIによる感性・印象の分析
(NTTデータの投映資料を日経クロステックが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]