広島県やカルビー、フォーステックは、IoT(インターネット・オブ・シングズ)技術を活用したスマートごみ箱「SmaGO(スマゴ)」の運用を始めた。広島市と尾道市の4地点に計12台を設置し、2022年10月25日に運用を開始した。

 SmaGOの特徴は、ごみの蓄積情報をクラウド経由でリアルタイムに把握するとともに、ごみ箱が満杯になると自動的にごみの容量を約5倍に圧縮することである。SmaGOは米BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)が開発したスマートごみ箱だ。フォーステックはSmaGOの設置を通じてごみ回収の効率化や街の美化などのソリューションを展開している。

 プロジェクトでは以下の効果検証を実施する。クラウド通信機能でごみの量を遠隔監視し、SmaGOにごみがたまる時期や時間帯の傾向を分析する。KDDI総合研究所が開発したシミュレーターを用いてごみの回収量データに基づいた輸送シミュレーションを実施し、ポイ捨て削減とごみ回収業務効率化の両方の観点から適切な回収頻度やSmaGOの設置位置、台数を導出する。実際のポイ捨て状況とシミュレーション結果を比較するほか、検証開始前後での比較も行う。

 広島県は2021年6月に官民連携プラットフォーム「GREEN SEA 瀬戸内ひろしま・プラットフォーム(GSHIP)」を立ち上げた。カルビーやフォーステックも参画する。GSHIPは瀬戸内海に流出する海洋プラスチックごみの量を2050年までにゼロにすることを目指す。SmaGO設置プロジェクトはGSHIPで具現化した。

 ペットボトルや菓子袋などがポイ捨てされると生活用水路や河川を通じて海に流れ込み、海洋プラスチックごみの原因となる。ごみ箱を市中に設置しても満杯であれば、ごみ箱の周辺にごみが散乱しがちだ。ごみ箱を適切な場所に設置するとともに、満杯のまま放置しない仕組みを構築することが重要となる。