PR

 花王とMILIZE(ミライズ、東京・港)は、AI(人工知能)を用いて健康状態などを可視化するツールの開発で協業する。健康診断データや行動情報などから将来の医療費を推計し、ユーザーの行動変容を促す。健康データを持つ企業やヘルスケアアプリ・Webサービスを提供する企業を対象に、2023年の提供開始を目指す。

ニュースリリース

 MILIZEが開発予定の「AI健康可視化ツール」に、花王がPreferred Networks(プリファード・ネットワークス、東京・千代田)と開発した統計モデル「仮想人体生成モデル」を生かす。AI健康可視化ツールに健康診断データや歩数・体重・睡眠時間といった情報を入力すると、そのユーザーの健康状態や行動情報を金額に換算して表示し、将来の医療費を推計する。さらに、病気に影響する可能性が高い項目も推定し、ユーザーの行動変容につなげる。

 定期的にデータ量を増やすことで推計の精度が向上し、ユーザーはより自分に合ったアドバイスを得られる。推計結果は、企業の健康経営にも利用できる。MILIZEが法人向けに展開するライフプラン・シミュレーター「milizePro」の機能を追加することも検討している。

 仮想人体生成モデルは、健康診断などで得られるデータを基にライフスタイルや性格傾向、嗜好性などの項目を推定する統計モデルで、ある項目のデータを入力すると、別の項目の推定データを出力する。入出力項目は1600以上から任意に設定できる。

「AI健康可視化ツール」の画面イメージ(出所:花王)
「AI健康可視化ツール」の画面イメージ(出所:花王)
[画像のクリックで拡大表示]