PR

 大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)は2022年10月31日、電子カルテシステムに障害が発生し、同日の通常診療を停止していると明らかにした。ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)とみられるサイバー攻撃を受けたという。同センターの嶋津岳士総長などが同日午後8時から記者会見を開き、状況を説明する。

 同センターによると、システム障害により、緊急以外の手術や外来診療の一時停止など通常診療ができない状況に陥っている。原因究明とシステム復旧に努めているものの、2022年11月1日以降も「この状況が続くものと思われる」としている。