PR

 中国Huawei Technologies(ファーウェイ)は2022年10月27日(現地時間)、タイで開催された同社イベント「The Ultra-Broadband Forum 2022」で、業務執行取締役兼ICTインフラ管理取締役会議長David Wang氏が基調講演「Stride to Ultra-Broadband 5.5G」を行ったと発表した。2030年までに実現するスマートホームやスマートキャンパス、産業向けインターネットに向けて、5.5Gによる超高速ブロードバンドが重要な鍵となるとしている。また、その実現には4つのステップが必要になるとし、業界への協力を求めている。

業務執行取締役兼ICTインフラ管理取締役会議長のDavid Wang氏
業務執行取締役兼ICTインフラ管理取締役会議長のDavid Wang氏
(出所:Huawei)
[画像のクリックで拡大表示]
関連ニュースリリース: Huawei's David Wang: Stride to Ultra-Broadband 5.5G

 Wang氏によると、2030年までに各家庭はスマートホーム化し、150~200個の機器類がWi-Fiにつながるようになる。これを実現するためには、各家庭に10Gビット/秒の超高速ブロードバンドを提供し、各部屋に有線を張り巡らすことが必要となる。企業では数10Gビット/秒、産業向けには遅延時間1ミリ秒以下の通信が必要となる。

 こうした5.5Gの超高速ブロードバンドを実現するために、Wang氏は、次の4つの対策が必要だとしている。

 (1)次世代の標準仕様定義と業界全体での合意

  • ETSI(European Telecommunications Standards Institute、欧州電気通信標準化機構)では、F5G Advanced(さらに進化した第5世代固定通信ネットワーク)の標準化を含むリリース3標準化活動を開始。2025年までにスマートホーム用途や光ファイバーセンシングに関する仕様を標準化する。
  • Huaweiも2025年までにSRv6を使ったNet 5.5Gを計画している。これが実現すれば、さまざまな産業分野に、より快適でサービス保証可能なネットワークを提供できる。

 (2)製品開発から展開、運用まで、製品ライフサイクル全体に関する標準化の促進

  • 光アクセスでは、GPON、10G PON、50G PONへの移行が進む。C-WANアーキテクチャーを導入することで、強固なギガビット級の通信を家庭にも提供できるようになり、ローミング時のハンドオーバー時間も20ミリ秒以下に短縮する。
  • 光伝送では、400G WDMネットワークのシングルファイバー伝送にて周波数を拡張することで、最大100Tビット/秒を可能とする。
  • IPネットワークでは、Wi-Fi 7にてCO-SRやCO-OFDMAなどの技術を活用することで、異なるアクセスポイント間での協調機能強化が可能となる。

 (3)より迅速な5.5G超高速ブロードバンドの展開に向けた政策

  • 政府や規制当局は、ギガビット級のFTTH(Fiber to the Home)の展開を加速するため、ブロードバンド戦略、有線導入政策、建築基準などで、より効果的な政策を採用する必要がある。
  • 事業者も2025~2030年に向けて、FTTHとFTTR(Fiber to the Room)の展開、アクセスサイトへの WDM展開、従来のIPネットワークからSRv6ネットワークへの移行、伝送ネットワークとIPネットワークにおける400G、800G展開を加速する必要がある。

 (4)新しい用途開発に向けた調査

  • 超高速ブロードバンドが実現し、あらゆる場所で10Gビット/秒の通信が可能になれば、メタバースやリアルタイムで相互接続するアプリケーションがより広く採用される。超高速ブロードバンドの用途について、業界で協力して調査を進める必要がある。

 このほかHuaweiは2022年10月28日、同イベントで同社上級副社長兼アジア太平洋部門社長のSimon Lin氏が行った基調演説「Advanced Connectivity, Boost Growth」についても紹介。スマートホームやスマートキャンパスでの収益化について言及している。

上級副社長兼アジア太平洋部門社長のSimon Lin氏
上級副社長兼アジア太平洋部門社長のSimon Lin氏
(出所:Huawei)
[画像のクリックで拡大表示]

 家庭向けネットワークについては、ギガビットクラスの通信を各家庭の各部屋に提供するFTTRを提唱。光ファイバーを大規模に展開することで、1回線当たりのコストを効果的に削減して、1ユーザー当たりの平均収益(Average Revenue Per User、ARPU)を上げることができるとしている。

 企業向けには、デジタル化のためのプライベート回線やネットワーク提供で収益化を進めるほか、メディア業界向けの超高帯域専用線や、証券会社向けのセキュリティークラウドサービス、ミリ秒レベルの低遅延専用線など、シナリオに特化した専用回線を提供することで収益増が見込めるとしている。

関連ニュースリリース: Huawei: Advanced Connectivity, Boost Growth