PR

 東急電鉄は、駅施設や電車内で歩行補助ロボットを活用した実証実験を開始する。歩行補助ロボットの実用化を支援するとともに、鉄道施設のバリアフリー環境整備を加速する。

ニュースリリース

 実証には、信州大学発ベンチャーのAssistMotion(アシストモーション、長野県上田市)が開発した歩行補助ロボット「curara(クララ)」を使う。curaraを着用した50人ほどの参加者がこどもの国線の「長津田駅」と「こどもの国駅」間を移動し、複合施設「こどもの国」(横浜市)内を散策。コンコースや階段の歩行、電車の乗降、座席への着座/起立などの動作を通して、移動データを蓄積する。実証実験の期間は2022年11月21~28日。AssistMotionは、これらのデータやアンケート結果をcuraraの実用化に生かす。東急電鉄は、バリアフリールートの整備・開示や駅係員用連絡アプリの開発・運用といった取り組みを推進する。

 東急電鉄は今後も、さまざまな事業者と連携してバリアフリー環境整備を進める計画。ユーザー自身による自由な移動を支援し、ユーザーへのサービス拡充と同時に乗車補助のための人材不足に対応する。

実証実験と歩行補助ロボットのイメージ(出所:東急電鉄)
実証実験と歩行補助ロボットのイメージ(出所:東急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]