PR

 凸版印刷は、化粧品バルクを印刷用インキに再利用する仕組みを構築した。同社とモーンガータ(東京・練馬)が開発したインキは、化粧品ならではのラメ感やパール感を生かした加飾表現が可能。販促物や資材、パッケージの印刷に活用し、廃棄品のアップサイクルを推進する。

ニュースリリース

 化粧品の研究・開発・製造工程などで発生するパウダー状のバルクを、印刷用インキ「ecosme ink(エコスメインキ)」の色材として使う。凸版印刷は、モーンガータから化粧品バルクを調達し、東洋インキ(東京・中央)にインキの製造を委託。このインキで販促物などを制作し、化粧品メーカーに販売する。

 凸版印刷は、開発したインキを使用した販促物などを2025年までに10社に提供する目標を掲げる。さらに、化粧品各社と協力して制作物の開発に取り組み、化粧品業界全体でのアップサイクルを支援する。

化粧品バルクを再利用したインキで印刷したパッケージの例(出所:凸版印刷)
化粧品バルクを再利用したインキで印刷したパッケージの例(出所:凸版印刷)
[画像のクリックで拡大表示]