PR

 NTT西日本と京阪ホールディングス(京阪HD)、NTT、NTTデータは、大阪・京橋駅周辺エリアでAI(人工知能)を活用したまちづくりに取り組む。センサーを使わず、AIを使った分析や可視化によって街全体のデジタル化を進める。アプリケーションを活用することで、市民も参加しやすい仕組みを構築し、京橋のにぎわい創出やエリア価値の向上にもつながる、より良いまちづくりを目指す。

ニュースリリース

 多数のセンサーを街中に設置し、そのデータを分析・活用する手法では、膨大なコストと時間がかかる。そのため、今回の取り組みではセンサーレスでデジタル化する。その実現に向けて、NTT西日本は対象エリアを仮想空間上に再現し、まちの分析・可視化・未来予測を可能にするプラットフォームを検討する。NTTとNTTデータは、このプラットフォームとまちづくりアプリ「みんスマ」の開発、有効性の検証、市民がまちづくりに参加しやすい仕組みづくりの検討を行う。京阪HDの商業施設や沿線で検証する。

 実証実験の内容は、2023年初頭に公表する。関西では、京橋駅周辺エリアのほか、うめきた2期開発や大阪・関西万博も計画されている。今回得られる知見や成果を関西から全国に広めていくことも視野に取り組みを進める。

AIを活用したまちづくりの概要(出所:NTT西日本)
AIを活用したまちづくりの概要(出所:NTT西日本)
[画像のクリックで拡大表示]