PR

 杏林製薬とサスメドは2022年11月9日、治療用アプリの共同研究開発と販売に関する契約を締結したと発表した。耳鼻科領域におけるアプリを開発し、将来的には承認取得を目指す。

 今回の契約に基づき、杏林製薬はサスメドに契約一時金として1億円と、開発の進捗に応じて6億円を支払う。発売後には売上高に応じた支払いが発生する。

 杏林製薬は、耳鼻科領域を重点領域の1つと位置付けており、同領域における製品の拡充を図っている。サスメドは不眠障害や慢性腎臓病、がん領域などにおける治療用アプリの開発を手掛け、2022年2月には不眠障害治療用アプリの承認申請を実施した。