PR

 ブリヂストンと凸版印刷の連結子会社であるトッパン・フォームズは2022年10月28日、遠隔から点検情報などを読み取れるタイヤ用RF(Radio Frequency)タグの共同開発を開始したと発表した。タイヤ管理の手間や時間を大幅に減らせるようになるシステムの「早期実用化」(ブリヂストン)を目指す。

図 タイヤの個体情報の登録・確認作業のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
図 タイヤの個体情報の登録・確認作業のイメージ
(出所:ブリヂストン)

 これまで、タイヤ販売店や輸送業者などがタイヤの個体管理をする場合、それぞれのタイヤを目視で確認していた。大型トラックでは車両下に潜り込んだり、タイヤを取り外したりする必要もあり、現場の作業負担が大きかった。

 そこで両社は、現場作業者が「既存技術では難しいような離れた位置」(ブリヂストン)からRFIDリーダーをかざすだけで、タイヤの管理情報が読み取れるシステムの実装を進める。RFIDには、タイヤの生産日時や工場検査情報、出荷日時、車両への装着日時、各種タイヤ点検情報といったデータを登録し、リーダーを通して確認できる。ブリヂストンが持つタイヤ開発・製造技術とトッパン・フォームズが持つRFID分野の技術を組み合わせて開発する。

 ブリヂストンによれば、こうした点検情報だけでなく、タイヤの走行距離やメンテナンス履歴などの情報も入手し、分析するという。「メンテナンスなどで、それぞれの顧客のオペレーションに合わせたサービス提供が可能になる」(同社)と説明した。