PR

 日立製作所は2022年11月10日、既存のITシステムを見直して最新化するモダナイズ向けに、自社のクラウド関連サービスを統合し強化すると発表した。同日から順次、マルチベンダーのクラウド環境を包括的に管理できる新たなマネージドサービスを立ち上げる。

 新たに立ち上げるマネージドサービスは「Cloud and Application Managed Service(CAMS)」。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどの大手パブリッククラウドサービスや日立製作所のクラウドサービス、プライベートクラウドなどを併用するマルチクラウドを想定。マルチクラウド環境でもサーバーの構成や運用管理をコードで自動化する「IaC」を利用できるなど、さまざまな構築や運用管理、セキュリティー関連の機能を提供する。

日立製作所が今回発表したモダナイズ向けサービスと、クラウド向けマネージドサービスの構成
日立製作所が今回発表したモダナイズ向けサービスと、クラウド向けマネージドサービスの構成
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにマルチクラウド環境で既存の基幹業務システムをモダナイズする用途に向けて、コンサルティングから運用支援までを統合したサービス「IT基盤/運用高度化オファリング」も提供する。モダナイズの計画立案からクラウド上での基盤構築、運用の支援や業務受託などを提供する。構築や運用のフェーズでは今回立ち上げたCAMSを活用する。