PR

 デジタル庁と厚生労働省は2022年11月11日、接触確認アプリ「COCOA」の機能停止に伴う最終アップデート版の配布を同月17日より開始すると発表した。デジタル庁が中心に行う利用者アンケートや関係者ヒアリングなどを進め、2022年内をめどに、COCOAの総括報告書を公表する予定だ。

 iOS版、Android版ともに、2022年11月17日から「3.0.0」版にアップデートできるようになる。「3.0.0」版では、利用者の同意を得たうえで、アプリによる接触確認通知の回数などをデジタル庁が収集する。なお、これまでCOCOAは位置情報や個人情報などを収集、送信していない。利用者はアップデート後、画面の案内に従い、情報入力や通知回数提供の同意などを行い、最終的にアプリを削除する。

 デジタル庁は総括報告書の取りまとめを行い、次のパンデミック発生時などにCOCOAの経験を生かす方針だ。現在は関係者ヒアリングなどを進めている。「3.0.0」版での情報収集に加え、別途利用者アンケートを実施し、総括報告書に反映させる。河野太郎デジタル相は同日の記者会見で、「最終アップデート版を通じて利用者から情報をいただきたいと思っているので、それを踏まえてできれば年内に最終報告をする」と述べた。

 COCOAは、新型コロナウイルス感染症患者の全数届け出見直しに伴い機能停止が決まった。2022年11月4日現在、のべ約4120万件がダウンロードされている。