PR

 富士フイルムは東京都健康長寿医療センター(東京・板橋)と共同で、人工知能(AI)を用いた認知症スクリーニング検査手法の研究を始めた。目や体の動きをAIで解析し、認知症疑いの判定に有効な指標を見つけることを目指す。従来に比べて簡便に受けられる新たな検査手法を確立し、認知症の早期発見につなげる考えだ。

 従来の認知症の検査は、専門医による問診や神経心理検査、MRI画像検査など、専門の医療施設で長時間かけて実施されるものが多く、受診者の負担が大きいという課題があった。そこで、認知機能や脳の形態を直接検査するのではなく、認知症の中核症状の1つとして知られる運動機能の低下から認知症疑いを判定する手法を確立するのが共同研究の趣旨となる。

 第1段階として、認知症患者約100人を対象とする臨床研究を2022年11月7日に始めた。ジンズ(JINS)が提供する眼鏡型ウエアラブルデバイスを使って、認知症患者の視線移動、まばたきの回数、頭部の傾き、歩行時の左右バランスなどのデータを計測する。それらのデータをAIで解析し、認知症疑いの判定に有効な指標の特定を目指す。

 第2段階以降では特定したデータ指標を使って、認知症疑いを判定するアルゴリズムの構築に取り組む予定だ。富士フイルムによると、判定アルゴリズムを搭載したシステムやアプリケーションの形で薬事承認を取得する想定で、2024年度をめどに認知症スクリーニング検査手法の実用化を目指すとしている。同社は軽度認知障害(MCI)患者のアルツハイマー型認知症への進行を予測するAI技術をすでに確立しているほか、アルツハイマー型認知症の治療薬開発も手掛けており、高齢化により患者増加が見込まれる認知症領域でさらに貢献する構えだ。