PR

 ユーグレナといすゞ自動車は、ユーグレナが試作した100%バイオ由来のディーゼル燃料が石油由来の軽油と同等の性能を持つことを確認した。原料である微細藻類の「ミドリムシ(学名:ユーグレナ)」は、生産面で従来のバイオ燃料の原料に比べ優位とされる。100%ミドリムシ由来のディーゼル燃料を安定的に製造できるようになれば、バイオ燃料における供給問題への貢献が期待される。

100%バイオ由来のディーゼル燃料(左)と原料である微細藻類のミドリムシ(右)
100%バイオ由来のディーゼル燃料(左)と原料である微細藻類のミドリムシ(右)
(写真:ユーグレナ)
[画像のクリックで拡大表示]

 いすゞは、ミドリムシから抽出した油脂のみを原料とするバイオディーゼル燃料を使い、同社製エンジンで性能試験を実施した。エンジンの回転速度に対する軸出力と軸トルクをそれぞれ調べ、これらが石油由来の軽油を使った場合と同等の性能を持つことを確認したとしている。

エンジン性能試験の結果
エンジン性能試験の結果
(出所:ユーグレナ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミドリムシは培養に農地を必要としないため、植物よりも生産効率が高いのが特徴だ。現在、バイオディーゼル燃料には主に使用済み食用油が使われており、その原料は植物である。バイオ燃料への需要は世界規模で高まっており、使用済み食用油は価格高騰や将来的な供給不足といった問題が懸念されている。両社は、100%ミドリムシ由来の燃料を製造することで、将来的なエネルギーの安定供給に向けた解決策になるとしている。

 ミドリムシは成長過程で光合成によって二酸化炭素(CO2)を吸収する。トラックなど商用車で普及するディーゼルエンジンに100%ミドリムシ由来の燃料を適用できれば、カーボンニュートラル(炭素中立)への貢献が期待できる。両社は2014年から、ミドリムシを原料とするバイオディーゼル燃料の実用化を目指し、共同研究などの取り組みを進めている。