PR
PTPシートのマテリアルリサイクル(出所:オリックス環境)
PTPシートのマテリアルリサイクル(出所:オリックス環境)
[画像のクリックで拡大表示]

 オリックス環境(東京・港)は大同樹脂(長野県・阿智村)と提携して、錠剤の包装に使われるシートのマテリアルリサイクル事業を開始する。接合された樹脂と金属を分離して、それぞれ再生する。焼却処理に比べて二酸化炭素排出量を削減できるという。

 まず、樹脂製シートにアルミニウム合金を貼り付けたPTP(Press-Through Package)シートのリサイクルに取り組む。PTPシートは年間に数千トンが焼却・埋め立て処分されているが、樹脂と金属に分ければマテリアルリサイクルが可能になる。将来的には、PTPシート以外でも樹脂と金属から成る複合材に分離技術を応用する。

 オリックス環境は、オリックスの100%子会社。リース物件の処理で培ったノウハウとネットワークを生かして不要物のリユース・リサイクル・処理事業を展開している。船橋工場(千葉県船橋市)や全国の協力企業でマテリアルリサイクルを推進している。