PR
レーザー光を照射してガラス板だけを剥離する(出所:パナソニックホールディングス)
レーザー光を照射してガラス板だけを剥離する(出所:パナソニックホールディングス)

 パナソニックホールディングス(パナソニックHD)は、扉にガラスが使われた冷蔵庫からガラス板を剥離する工法を開発した。洗濯機やスマートフォン、太陽光パネルなどへの適用も可能。ガラスと他の素材を分別しやすくなり、再利用先の拡大が見込める。

ニュースリリース

 新たに開発したのは、冷蔵庫から扉を外すことなく、ガラス板を選択的に剥離できる「レーザー剥離工法」。扉のガラスを透過するレーザー光でガラス裏面の有機塗料を炭化させる。剥離したガラスは板状で、付着した炭化物は容易に取り除ける。同社は量産設備で新工法の検証に取り組み、将来はグループ内外のリサイクルプラントへ展開する計画。

 同社によると、家電メーカー各社は2008年以降、扉にガラスを採用した冷蔵庫を販売してきた。今後は、買い替えに伴って排出量が増える見通しである。現状はガラスとその他の素材の分別が難しいため、大部分が粉砕後に産業廃棄物として処理されており、廃棄物の削減が課題になっていた。

剥離したガラス板と扉本体(出所:パナソニックホールディングス)
剥離したガラス板と扉本体(出所:パナソニックホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]