PR

 NTTとメディカロイド(神戸市)が、遠隔手術の実現に向けた共同実証を開始した。メディカロイド製の手術支援ロボット「hinotoriサージカルロボットシステム」と次世代通信基盤「IOWN」を接続することで、物理的に離れた環境を1つの手術室のように統合する。手術室の状況をよりリアルに伝送し、手術中のコミュニケーションをスムーズに進めることを目指す。

手術支援ロボット「hinotoriサージカルロボットシステム」
手術支援ロボット「hinotoriサージカルロボットシステム」
(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 外科医の減少を補ったり医療の均てん化を図ったりする目的で、手術支援ロボットを遠隔地から操作する方法が期待されている。しかし遠隔地からのロボット操作は、通信ネットワークの遅延ゆらぎの影響を受けやすいため、執刀医がストレスを感じないよう通常のロボット手術と遜色なく手術できる環境が必要だ。

共同実証の構成図
共同実証の構成図
(出所:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、IOWNの中でもネットワークや端末、チップにも光技術を導入した「オールフォトニクス・ネットワーク(APN)」を手術支援ロボットとつなぐ。拠点間で1波長あたり100Gbps(ギガビット毎秒)以上の大容量で伝送できるため、医師の操作とロボットの動きについて、遅延ゆらぎをほぼゼロにできるという。実証環境としては、NTT武蔵野研究開発センタ内に100km以上のAPNを構築した。

 また、8Kの高精細な映像も圧縮せずに送ったり、不要な音をノイズキャンセリングしたりすることで、離れた場所でも同一空間にいるかのような手術環境の構築を目指す。他にも、暗号鍵交換技術などを用いて、遠隔手術で送受信するデータのセキュリティー確保に取り組むという。