PR
協業の枠組み(出所:損害保険ジャパン)
協業の枠組み(出所:損害保険ジャパン)

 損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメント、パナソニックIPマネジメントは、知的財産に関するリスクに対応する新サービス・保険商品の開発に向けて協業する。第1弾のサービスとして、訴訟など知財リスクに関する調査リポートの提供を2022年度中に開始する。

ニュースリリース

 損害保険ジャパンは、新たな知財リスクに対するニーズや社会情勢を踏まえた保険商品を開発する。SOMPOリスクマネジメントは、知財に関する課題やリスクに対応するサービスを開発する。パナソニックIPマネジメントは、知財リスクの現状分析に基づいて新たなサービス・保険商品開発に向けた提言とサポートを行う。

 知財を巡っては、2021年6月にコーポレートガバナンス・コードが改訂されて「知財投資戦略の情報開示」と「取締役会による知財への実効的な監督」追加されたり、2022年1月に日本政府が「知財・無形資産の投資・活用戦略の開示及びガバナンスに関するガイドライン」を策定したりするなど、経営上の重要性が高まっている。そのため、知財への積極投資や戦略的活用に向けてリスク対策のニーズが高まっていると判断した。