PR

 電通傘下の電通デジタルは、電通グループ企業でAI(人工知能)開発をリードしてきたデータアーティストを吸収合併する。データアーティストの強みであるAI技術開発力とビッグデータ解析を事業の中核に組み込み、顧客企業の課題解決に生かす。

ニュースリリース

 2023年4月1日付で合併する。データアーティストは、電通グループ独自のデータマーケティングプラットフォームや、AIを活用したテレビ視聴率の予測による広告枠の最適運用など、電通グループにおける中核的なデータソリューション開発を担ってきた。加えて、モンゴルの開発拠点で最先端のAI研究開発を推進したり、東京大学未来ビジョン研究センターとの共同研究を行ったりしている。

 電通デジタルは、顧客企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)や事業変革、顧客体験デザインなどの支援を手掛ける。データアーティストの吸収合併でこうした事業の強化を図る。