PR

 ワコムは2022年11月21日、同社が運営するEC(電子商取引)サイト「ワコムストア」が不正アクセスを受けたと発表した。最大1938件のクレジットカード情報と、最大14万7545人分のクレジットカード情報を含まない個人情報が漏洩した恐れがある。

 第三者が不正アクセスし、支払いアプリケーションを改ざんした。ワコムはクレジットカード情報を自社サイトに保持していなかったものの、改ざんにより決済時に入力されたクレジットカード情報が外部に送信されていた。情報漏洩が発生した可能性のある期間は、2022年2月19日から同年4月19日午前中まで。

 同社は2022年8月19日に事態を把握。発表まで3カ月を要した理由を「不確定な情報の公開はいたずらに混乱を招く」「顧客への迷惑を最小限に食い止める対応準備を整えてからの告知が不可欠」と判断したことから、第三者機関の調査とカード会社との連携を待ったためとしている。ワコムストアは2022年4月19日午後に新システムで稼働させており、以降は新たな情報漏洩は発生していないという。