PR

 東芝デジタルソリューションズは2022年11月22日、倉庫運用を効率化するクラウドサービス「LADOCsuite/WES」の提供を同日より開始すると発表した。倉庫内の人と機械の物流作業について、データを俯瞰(ふかん)して進捗をリアルタイムに把握。作業の完了時間を予測して適切なリソース配分を行う。価格は月額35万円(税抜き)から。

 物流倉庫や輸配送の現場では、刻々と状況が変わる中、限られた人員や機械でいかに効率的に出荷作業や荷物の輸配送を行うかが大きな課題となっている。このため倉庫での荷物の入出庫や在庫管理など、人が行う作業を管理するWMS(Warehouse Management System、倉庫管理システム)と、荷降ろしや搬送、ピッキング作業など、ロボットやコンベヤーといったマテリアルハンドリング機器などの機械を制御するWCS(Warehouse Control System、倉庫制御システム)の活用が進んでいる。

 このWMSやWCSの両方とつなぎ、人の作業と機械の作業を統合的に運用・管理するのがWES(Warehouse Execution System、倉庫運用管理システム)だ。新サービスは、WESの機能をクラウドサービスとして提供する。WMSやWCSと連携して倉庫内の人と機械のデータを蓄積し、見える化、分析・シミュレーション、最適化を行う。

「LADOCsuite/WES」の概要
[画像のクリックで拡大表示]
「LADOCsuite/WES」の概要
(出所:東芝デジタルソリューションズ)

 例えば、作業員による突然の休暇やトラックの到着遅れ、荷物量の急な増減などに対し臨機応変な見直しが必要な場合に、倉庫内の人と機械のリソースのタスクや負荷状況を俯瞰して分析・シミュレーションを行い、適切な配分を提案する。

 第1弾としてWMSとの連携機能の提供を2022年11月22日から開始する。WCSとの連携機能については今冬以降の提供を予定している。