PR

 フォルクスワーゲン ジャパンは2022年11月22日、電気自動車(EV)のSUV「ID.4」を日本に導入し、導入仕様モデル「Launch Edition」の販売を同日より開始した。新型ID.4は、ドイツVolkswagenグループのEV用プラットフォーム「MEB」を採用したEVで、日本のフォルクスワーゲンブランドで初めてのMEBベースのEVとなる。電池容量と出力の異なる「ID.4 Lite Launch Edition」と「ID.4 Pro Launch Edition」の2グレードを展開する。税込み価格はLiteが499万9000円、Proが636万5000円となる。

新型「ID.4」の発表会
新型「ID.4」の発表会
(右から)フォルクスワーゲン ジャパンのブランドディレクターAndrea Calcagni氏、VWブランドのセールス・インターナショナル・エグゼクティブディレクターのKaty Tsang氏、ID.4のアンバサダーとなったセイコーの山縣亮太氏、広報・マーケティング本部シニアマネージャーの鶴ゆみ氏(写真:フォルクスワーゲン ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Liteは、最高出力が125kWのモーターと容量が52kWhの電池を搭載する。WLTCモードでの航続距離は388kmとなる。上位グレードのProは、150kWのモーターと77kWhの電池を搭載し、航続距離は561kmとなる。停止から100km/hまで8.5秒で達する(欧州計測値)。日本の平均的な自動車の日常使用距離を考えると、Proであれば週に1回ほど充電すれば十分だとする。

新型「ID.4」
新型「ID.4」
(写真:フォルクスワーゲン ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]