PR

 ディー・エヌ・エー(DeNA)の子会社であるアルムは2022年11月24日、スマートフォン一体型無散瞳眼底カメラ「Eyer(アイヤー)」が国内で医療機器として薬事認証されたと発表した。薬事認証を取得したのは2022年11月9日。軽量かつ小型で持ち運べるため、院内のベッドサイドや往診時などさまざまな場面で利用できる。

スマートフォン一体型無散瞳眼底カメラ「Eyer(アイヤー)」
スマートフォン一体型無散瞳眼底カメラ「Eyer(アイヤー)」
(出所:アルム)
[画像のクリックで拡大表示]

 Eyerはスマートフォンと一体化したポータブル無散瞳眼底カメラだ。患者の瞳孔を広げる散瞳薬を使用せず、場所を選ばず眼底や前眼部を撮影できる。もともとブラジルのスタートアップであるPhelcom Technologiesが開発したもので、アルムは2022年3月に同社と資本業務提携契約を締結した。

Eyerで撮影した画像を医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」で共有するイメージ
Eyerで撮影した画像を医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」で共有するイメージ
(出所:アルム)
[画像のクリックで拡大表示]

 アルムは2022年12月頃からEyerを国内で販売する予定だ。同社が提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」と連携させることで、Eyerで撮影した検査画像を遠隔地の専門医と共有してアドバイスなどを受ける「眼科の遠隔診療モデル」を実施できるとしている。

 DeNAは2022年5月にアルムを子会社化することを発表しており、同年10月に完了した。