PR

 米IBMとドイツBosch(ボッシュ)は、材料科学分野における量子コンピューティングの取り組みで提携する。燃料電池や蓄電池、センサーなどに使われる機能材料の開発への量子コンピューティング技術の適用について、可能性を検討する。

ニュースリリース

 協業に当たってIBMは、量子コンピューティング技術に加えて、量子アルゴリズムの開発や実装のノウハウを提供。ボッシュはそれらに基づいて、エネルギー効率の向上や資源の消費量削減が可能な新材料の発見・設計に取り組む。その一環として、量子コンピューティングの応用を研究する組織「IBM Quantum Network」にも参画する。

 両社はすでに、量子コンピューター上で材料の設計を可能にするアルゴリズムとワークフローの構築を進めている。今後は、開発にかかる時間とコストの大幅な削減や、新たな材料群を発見する方法について研究する予定。将来は、燃料電池の触媒と反応率の予測や、磁気特性の予測などの実現が期待される。