PR
両社が開発を目指すシステムの概要(出所:日鉄エンジニアリング)
両社が開発を目指すシステムの概要(出所:日鉄エンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 日鉄エンジニアリング(東京・品川)とブライセン(東京・中央)は、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の技術をプラント操業に活用するための統合プラットフォームの開発・運用で協業する。AIの品質向上やハードウエア/ネットワーク設計の最適化などにより、操業データの解析能力を強化。引き渡し後も進化するプラントの実現を目指す。

ニュースリリース

 日鉄エンジニアリングが構築した統合プラットフォーム「Think Platform」に、ブライセンのデータソリューション技術を取り入れる。AIを、複数種類の情報を一度に処理する「マルチモーダル」に対応させるほか、AIに高品質なデータを学習させて品質を向上させる「データセントリックAI」を推進。機械学習を運用しながら予測モデルの開発を継続する「MLOps」(Machine Learning Operations)を採用し、サービスを拡充する。

 さらに、両社の営業網を相互に活用し、サービスの展開を拡大する。現状、同プラットフォームは日鉄エンジニアリンググループが管理するプラントに適用されているが、協業により、他社が操業するプラントや製造業などにも対象を広げる。