PR

 早稲田大学とアパレルEC(電子商取引)大手ZOZOのIT子会社ZOZO NEXTの研究開発組織であるZOZO研究所による研究グループは、AI(人工知能)が自動でファッションを解析し、ユーザーからの質問に回答する技術を開発した。2022年11月22日に発表した。

 全身コーディネート画像から人物を抽出し、画像につけられたファッションアイテムなどのタグ情報と統合する。AIは、人物のコーディネートとタグの関連性を分析してファッションのイメージを解釈する。これにより、ユーザーとの受け答えが可能になる。例えば、「このファッションはどれくらいカジュアルか」という問いに対して「知りうるコーディネートの中でも特にカジュアルだ」といったように回答する。

抽出した人物と複数のタグ情報を同一空間に統合するイメージ
抽出した人物と複数のタグ情報を同一空間に統合するイメージ
(出所:早稲田大学・ZOZO NEXT)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来は、ファッションにおける「かわいい」「きれい」といった表現は抽象的で、個人が解釈するのは難しかった。新技術によってユーザーの認識の幅が広まることで、ファッションに対するユーザーの苦手意識が払拭されるのを期待しているという。

 開発した提案システムには、比較的きれいに撮影された画像で、専門性を持つユーザーが付与したタグがそろったデータセットでしか機能しないという課題がある。今後は、どのようなユーザー投稿データに対しても適用できるようにすることを目指す。