PR

 KDDIは2022年12月1日、衛星ブロードバンドサービス「Starlink」を基幹通信網までのバックホール回線に利用する携帯電話基地局の運用を、静岡県熱海市の初島で開始したと発表した。基地局にStarlink用のアンテナを取り付け、衛星経由でKDDIの基幹通信網につないで通信エリアを確保する仕組み。光ファイバーやマイクロ波無線によるバックホール回線を敷設するのが難しい場所にも基地局を配置して携帯電話サービスを提供できるようにした。KDDIは同様の基地局を全国約1200カ所に順次展開していく方針だ。

 Starlinkは米Space Exploration Technologies(スペースエクスプロレーションテクノロジーズ、スペースX)が手掛けている衛星ブロードバンドサービス。高度550キロメートルの低軌道上に配置した衛星を利用し、従来の静止軌道衛星に比べて高速・低遅延の通信サービスを実現している。日本では2022年10月にサービスを始めた。KDDIは同月、国内の企業や自治体へのStarlink提供に関してスペースXと契約を結んだと発表していた。

 同社は今回の発表と併せて、Starlinkをバックホール回線に使う基地局構築ソリューションの提供を法人向けに始めると発表した。山間部や離島など携帯電話の電波が届きにくい場所で社会インフラの建設・維持に関わる建設業界やエネルギー・インフラ業界、災害対策を強化したい自治体などのニーズを見込んでいる。

衛星ブロードバンド「Starlink」をバックホール回線として利用するKDDIの携帯電話基地局
衛星ブロードバンド「Starlink」をバックホール回線として利用するKDDIの携帯電話基地局
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]