PR

 東京都渋谷区と民間企業の産官連携コンソーシアムであるShibuya Startup Deckは2022年12月1日、渋谷から世界に向けて成長するスタートアップ企業を認定・支援する制度「S-Startups」の開始に当たって、スタートアップ企業の募集を始めると発表した。

 S-Startupsで認定されると様々な支援特典を受けることができる。Shibuya Startup Deckの拠点を活用できたり、ベンチャーキャピタルなどとの交流・投資検討機会の提供、渋谷区などによる法務や事業メンタリングに関する支援を受けたりできる。拠点の活用特典は本審査を経て選定された3社に提供されるという。

 応募要件には、「シードからアーリーまでのスタートアップ企業(登記済み法人)であること」「渋谷区および渋谷区民が抱える課題に対して貢献できるビジネスであること」などがある。募集は専用の申請フォームで、2023年1月15日まで受け付けている。