PR

 米国のコンサルティング会社、S&P Global Mobility(S&Pグローバル・モビリティ)は2022年11月29日、米国における2022年1~9月の電気自動車(EV)販売動向についての分析を発表した。9カ月間のEV累計販売台数は約52万5000台で、そのうちの65%、約34万台を米Tesla(テスラ)のモデルが占めた。

出所:S&P Global Mobility)
EV販売台数の2/3をTeslaが独占
[画像のクリックで拡大表示]

 また、2022年にテスラ車に乗り換えたユーザーのうち、30%近くはトヨタ車およびホンダ車のオーナーだった。具体的には、「Model Y」は74%近くがテスラ以外のブランド車からの乗り換えだったが、そのトップ5は「Lexus RX」「CR-V」「RAV4」「Odyssey」「Accord」と日本車が並ぶ。「Model 3」でも同様に「Civic」Accord「Camry」、RAV4、CR-Vと、トヨタ/ホンダ車がトップ5を占めた。優れた燃費のハイブリッド車などで米国の自動車市場で大きな存在感を示してきた日本の2大メーカーが、EV市場の成長を前に立ち往生している。

Tesla車ユーザーの28.6%はトヨタ車とホンダ車のオーナー
Tesla車ユーザーの28.6%はトヨタ車とホンダ車のオーナー
(出所:S&P Global Mobility)
[画像のクリックで拡大表示]