PR

 ホンダは2022年12月7日、商用軽自動車タイプの電気自動車(EV)を2024年春に発売すると発表した。販売価格をできるだけ抑えるために、現行の商用軽ガソリン車「N-VAN」をベースとして開発した。

 価格はガソリン車と同等の100万円台からの設定とし、1充電からの航続距離は200kmを目標にする。軽EVで先行する日産自動車の「サクラ」や三菱自動車の「eKクロス EV」よりも最低価格を安く抑え、航続距離を延ばすことを目指す(図1)。

プロトタイプの商用軽EV
図1 プロトタイプの商用軽EV
(画像:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の商用軽EVのベースとなるガソリン車のN-VANは広い荷室空間や、助手席側のセンターピラーを無くした使い勝手の良さなどを実現しており、仕事でも遊びでも使えるのが特徴だ(図2)。さらに、運転席以外の座席を簡素化するなど、車両価格を抑えるための多くの工夫を盛り込んでいる。同車をベースに開発することで、商用軽EVの価格を抑えやすくなる。

商用軽EVの車内
図2 商用軽EVの車内
(画像:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 なおホンダは2050年に、自社の全ての製品と企業活動における炭素中立の実現を目指している。目標の実現に向けて四輪車では、2030年までにグローバルで30種類のEVを販売する予定である。

 このうち日本では、軽自動車は「生活の足」といえる車両だ。その中でも商用軽は、環境負荷低減の観点から電動化に対する企業のニーズが多い。そのためホンダは、商用軽からEVを投入することにした。同社社長の三部敏宏氏は2022年4月に開催した四輪車の電動化に関する説明会で、「日本では商用軽EVから発売し、その後にパーソナル向けの軽EV、SUV(多目的スポーツ車)タイプのEVを投入していく」と述べていた。