PR
マテリアルズ・インフォマティクス(MI)導入で低分子薬開発の成功率を高める(出所:日立ハイテクソリューションズ)
マテリアルズ・インフォマティクス(MI)導入で低分子薬開発の成功率を高める(出所:日立ハイテクソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立ハイテク子会社の日立ハイテクソリューションズ(東京・港)と慶応義塾大学は、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)を生かした創薬研究を開始した。分子が非常に小さく細胞内に入りやすい「低分子薬」の開発にMI技術を生かして、研究開発期間の短縮やコストの低減、成功率の向上を図る。

ニュースリリース

 慶応大薬学部が取り組む低分子薬の研究開発に、日立ハイテクソリューションズのMIツール「Chemicals Informatics」を適用する。同ツールに収録された化合物データを基に、有望な化合物・構造の候補をAI(人工知能)で高速かつ網羅的に探索。その効果や仕組みを分子動力学シミュレーションで予測し、開発プロセスを効率化する。

 低分子薬は、がんの原因となるたんぱく質の作用を阻害する「分子標的薬」などへの応用が期待される。慶応大は、活性硫黄分子の産生酵素の働きを選択的に阻害する低分子薬の開発を目指している。日立ハイテクグループは、化学・素材分野での材料開発で使われるMI技術を創薬にも活用し、新薬の開発と早期実用化を促進する。