PR

 ダイハツ工業は2023年1月24日、一部の軽自動車にアイドリングストップ機能を搭載しないグレード(以下、非搭載車)を追加して、同年4月11日に発売すると発表した。車載半導体を含む部品不足への対応が狙いで、長期化している納期の短縮を目指す。

 対象となるのは「タント」(福祉車両を除く)と「タフト」、「ムーヴ キャンバス」の3車種。非搭載車の価格は搭載車よりも一律で3万3000円(消費税込み)安く設定する。非搭載車は燃費性能が低下する問題があるが、納期の短縮を重視した。

タント ファンクロス
タント ファンクロス
(写真:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 世界的な半導体不足や新型コロナウイルスの感染拡大などの複合的な要因に伴う部品供給不足によって、ダイハツでも多くの車種で生産遅れが生じている。これまでも代替部品への切り替えなど様々な対策を行ってきたが、依然として部品不足は解消できていない。

 こうした状況を受けてダイハツは、1日でも早くクルマを顧客に届けるために、非搭載車を追加した。部品不足の影響で、現在の納期は3カ月以上となっている。部品不足前の納期は1~2カ月だった。今回の対応によって生産量を増やせるため、「これまでよりも納期を短くできる」(同社)とする。

 なお部品不足の対応については、トヨタ自動車がクルマの納車時に2個用意していたスマートキーを、スマートキー1個と通常のメカニカルキー1個に変更している。「1日でも早く顧客にクルマを届けるための暫定的な措置」(同社)である。