学年ごとに変わる用途に対応する2in1タブレット

 教育現場におけるPCの用途は学年ごとに変わると金子氏は指摘する。

「学校では、学年によってPCの使われ方が変わっていきます。低学年はタブレット形状でタッチパネルに手書きで文字を書かせる使い方が中心ですが、高学年になるとプログラミングや文書の作成などの作業も行うので、ノートPC形状でタイピングする必要が出てきます。2in1の『MousePro P116シリーズ』なら、こうした変化にも対応可能です」

 今回の「GIGAスクール構想」で全ての小中学生に1人1台の端末が配備されると、学校教育の現場は大きく変わるだろう。その実現に向けてマウスコンピューターの果たす役割は小さくない。同社はGIGAスクール構想の「標準仕様書」に準拠した新モデル「MousePro P101A」の開発も発表した。

「MousePro P101A」は、「MousePro P116B」の頑強さそのままに、現場からの声を活かして改良したモデルだ。着脱可能なキーボードやハンドルにもなる一体型のスタンドを付属し、本体背面には教師が各端末の動作状態を確認するための専用インジゲータを搭載。オプションとしてMicrosoft Pen Protocol準拠のスタイラスペンもオプションで準備される予定だ(注)。こちらも「MousePro P116シリーズ」と併せて期待したい。

(注)販売時期、価格、構成は現在調整中で実際と異なる可能性がある

現在開発中の「MousePro P101A」
現在開発中の「MousePro P101A」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ

株式会社マウスコンピューター

■個人
https://www.mouse-jp.co.jp/
TEL:03-6833-1010(9時~20時)

■法人
https://www.mouse-jp.co.jp/business/
TEL:03-6739-3808(平日:9~18時、土日祝:9~20時)