人工知能(AI)やIoT(Internet of Things)と並んでデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を後押しする技術として期待が高いのが5Gネットワークである。超高速、多数同時接続、超低遅延といった特長を持つネットワークは、既存のシステムを高度化するだけでなく、全く新しいデジタル活用につながる可能性がある。そのカギを握るのが「ローカル5G」だ。これは、一般企業や自治体などが自前の5Gネットワークを構築するという活用方法。5Gのポテンシャルを最大限に引き出す仕組みとして期待が高まっている。このローカル5G関連ビジネスにいち早く着手したのがNECである。デジタルネットワーク事業部事業部長の尹秀薫(ゆん・すふん)氏に、ローカル5Gの持つ価値、具体的なユースケースなどを聞いた。

NEC デジタルネットワーク事業部 事業部長 尹秀薫氏
NEC デジタルネットワーク事業部 事業部長 尹秀薫氏

DXに貢献する技術としてAIやIoTと並んで5Gネットワークに注目が集まっています。どのような期待があるのでしょうか。

 現在の社会はデータが価値の要になっています。IoTデバイスなどを通じて得たデータをサイバー空間で処理することで、様々な価値が生まれているからです。そのデータの流通を支えるのがネットワークです。超高速、多数同時接続、超低遅延を実現する5Gネットワークがデータの価値をさらに高めてくれます。

中でも「ローカル5G」の活用を視野に入れている企業が多いようです。

 ローカル5Gは、5Gによって実現する新しいネットワーク活用の1つです。具体的には、企業や自治体などが自社の建物内や敷地内といった限定したエリアで無線局免許を取得し、独自に構築する自前の5Gネットワークです。キャリアからサービスとして提供してもらうのではなく、これからは自前でローカルなネットワークを構築して、自分自身で運用し、活用していくことが可能になるのです。

例えば、どのような使い方に有効なのでしょうか。

尹 分かりやすいのが製造業です。本社の基幹システムや工場の生産管理システム、そして各生産設備やセンサーまでを5Gネットワークでつなぎ、連動させる。構想は描けても、なかなか実現が難しかった、より高度なスマートファクトリーがローカル5Gによって実現しやすくなります。また、交通分野では、自動運転技術を支えるインフラとしての期待が高まっています。

NECはローカル5Gをどのようにとらえていますか。

 NECは、これまでキャリアをはじめ、企業や自治体など多様な顧客に機器やサービスを提供してきました。ローカル5Gでは、これらのノウハウを、より多くの顧客に役立てる機会を得たと考えています。

 そのためのサービス開発に積極的に取り組み、新たにローカル5Gに関するマネージドサービスの提供を開始しました。これらのサービスによって、NECはローカル5G活用に向けたハードルを下げ、DXの実現に貢献していこうと考えています。