PCを活用した教育で人材を育成し、eスポーツにも力を入れる

 マウスコンピューターはSDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」にも力を入れて取り組み、PCを活用した教育イベントに積極的に参加している。

 高等学校や専門学校のeスポーツイベントに協賛したり、PCの提供や貸し出しをしたりしている。小中学校・高等学校ではGIGAスクール構想により、児童・生徒1人1台のコンピューター端末と高速の校内ネットワークが整備された。学校教育の中でのプログラミングの重要性が高まり、大学ではAI(人工知能)人材の育成が大きな課題となりつつある。

 こうした中でマウスコンピューターでは今後大きく成長するとみられる「eスポーツ」に取り組んでいる。ネット環境さえあれば年齢も性別も地域も違う人々が、隔てなく対戦や観戦ができるeスポーツはコロナ禍でも認知度・プレイヤー数が伸びている。マウスコンピューターは2020年12月に四国大学などと共に「eスポーツによる地方創生 徳島プロジェクト」連携協定を締結している。また、日本eスポーツ連合(JeSU)のオフィシャルPCサプライヤーとして「JeSU公認PC」を販売するなど、eスポーツとの関係は深い。今後も市場が拡大することが見込まれており、高性能なPCの需要はますます増えていくことが予想されている。

 高性能なゲーミングPCを提供してきたマウスコンピューターにとって、eスポーツに取り組んでいくことは自然な流れなのだ。

 eスポーツに特化した専門学校にマウスコンピューターのゲーミングPCを導入したり、セガと組んでアクションパズルゲーム「ぷよぷよ」でプログラミング学習を行う「ぷよぷよプログラミング」に取り組んだりしているのも、こうしたeスポーツ事業強化の一環だ。

「ぷよぷよプログラミング」はプログラミング学習環境「Monaca Education」において、セガが展開するアクションパズルゲーム「ぷよぷよ」をプログラミング学習できる教材。マウスコンピューターはセガと共同でぷよぷよプログラミングに取り組んでいる
「ぷよぷよプログラミング」はプログラミング学習環境「Monaca Education」において、セガが展開するアクションパズルゲーム「ぷよぷよ」をプログラミング学習できる教材。マウスコンピューターはセガと共同でぷよぷよプログラミングに取り組んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

 マウスコンピューターは目標11「住み続けられるまちづくりを」についても注力している。高等教育の分野では、徳島県の四国大学と2021年10月に包括連携協定を締結した。地域発展や教育研究の充実および人材育成に寄与することを目的に、学生が学修のために使うPCやデジタル演習のためのICT環境整備を進め、文化、産業、教育、学術研究の分野で相互に協力していく。同大とはeスポーツの共同研究を進めていくことでも合意している。

 マウスコンピューターにとっては、eスポーツに取り組んでいくことが事業の成長につながるだけでなく、SDGsの目標達成に貢献していくことにもなるのだ。

2021年10月に徳島県の四国大学と包括連携協定を締結した。学生が学修に使うPCやデジタル演習のためのICT環境整備を進めるとともに、eスポーツの共同研究を進めていく
2021年10月に徳島県の四国大学と包括連携協定を締結した。学生が学修に使うPCやデジタル演習のためのICT環境整備を進めるとともに、eスポーツの共同研究を進めていく
[画像のクリックで拡大表示]

SDGsに貢献できる人材育成に向け、女性活躍推進にも取り組む

 こうしたSDGsへの取り組みを進めていく上では、社内の意識改革や環境整備も重要だ。

 マウスコンピューターは1993年に設立した企業で、社員の平均年齢も37.3歳と若く、30代が36%、20代が22.9%と40歳未満が6割近くを占めている。男女比2:1と比較的女性が多いことも特徴だ(2022年1月時点)。

 そのため若手社員や女性を積極的に登用し、中心となって事業活動を進めている。同社には年功序列の考え方はなく、若手社員が管理職に就くケースも多い。

 女性の働きやすい環境を整備するため、女性社員を集めた交流会を月1回程度開催し、子育てなどの悩みを話したり意見を交換したりしている。新型コロナウイルスの感染症対策でリモートワークが増えたこととで、ランチタイムを利用したオンラインの交流会が中心になっているという。

 女性社員の働きやすさに目を配るだけでなく、男性社員にとっても働きやすい環境をつくっていくことは同社の目標となっている。男性の育児休業の取得も促進しており、会社として子育て支援を進めている。

 こうした会社としての取り組みは、SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」、目標8「働きがいも経済成長も」を実現することにもつながっている。

 「SDGs推進委員会が会社としてのメッセージを発信し、SDGsの目標達成に向けて国際社会の一員として貢献していきたい」と軣秀樹氏は意気込んでいる。

お問い合わせ

マウスコンピューター

■個人
https://www.mouse-jp.co.jp/
TEL:03-6833-1010(9時~20時)

■法人
https://www.mouse-jp.co.jp/store/brand/mousepro/
TEL:03-6636-4323(平日:9時~12時 / 13時~18時、土日祝:9時~20時)