上手にアフターサポートを使いこなすには

 マウスコンピューターには、パソコン購入後のサポートに関する専用のWebサイト「アフターサポートセンター」があり、必要な情報を一覧で確認できるようにしている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
マウスコンピューターのアフターサポートセンターには、パソコンを活用していく上で必要な情報が網羅されている。例えば、電話をかけた際の待ち時間や修理を依頼した際の作業日数などもリアルタイムの状況を知ることができる
マウスコンピューターのアフターサポートセンターには、パソコンを活用していく上で必要な情報が網羅されている。例えば、電話をかけた際の待ち時間や修理を依頼した際の作業日数などもリアルタイムの状況を知ることができる
[画像のクリックで拡大表示]
電話窓口の曜日・時間帯ごとの混雑状況が確認できるヒートマップ。混み具合が可視化されていると、問い合わせる際の心理的な負担が軽減される
電話窓口の曜日・時間帯ごとの混雑状況が確認できるヒートマップ。混み具合が可視化されていると、問い合わせる際の心理的な負担が軽減される
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば「Windowsが起動しない」「電源が入らない」「音が出ない」といったよくあるトラブルを集約したFAQ(よくある質問)や、知りたいことのキーワード検索によって、自分のパソコンを故障診断して、修理に出すべきかどうか知ることができる。購入した製品には本体や外箱にバーコードのシリアル番号が添付されているので、その番号を入力して製品独自のサポート情報を確認することもできる。パソコンを更新したりする際に必要なドライバーソフトや、製品のマニュアルなども、アフターサポートセンターからダウンロードできる。

 また、パソコンに関するトラブルや各種サービス、操作方法などの質問についてAI(人工知能)が自動応答してくれる「mouseAIチャット相談窓口」も用意されている。例えば、「マウスが動かない」「音が出ない」など、トラブルの状況や知りたいことを文字入力すると、自動で回答が表示される。さまざまな事例や情報などが集約されているので気軽に検索して調べることができるのは便利だ。

パソコンに関するトラブルや各種サービス、操作方法などの質問についてAI(人工知能)が自動応答してくれる「mouseAIチャット相談窓口」
パソコンに関するトラブルや各種サービス、操作方法などの質問についてAI(人工知能)が自動応答してくれる「mouseAIチャット相談窓口」
[画像のクリックで拡大表示]

 トラブルとは異なるが、不要になったPCの回収についても、このサイトに集約されている。

 2003年に施行された「PCリサイクル法」(改正資源有効利用促進法のパソコンに関する追加条項)で、PCメーカーには家庭向け・事業向けに販売され、不要になったパソコンやディスプレーなどの回収と再資源化が義務付けられている。PCリサイクル法ができたことによって、パソコンを自治体の粗大ゴミとして処分することはできなくなった。

 ユーザーは不要なパソコンをきちんと処理する義務があるが、マウスコンピューター製のパソコンはアフターサポートセンターを確認することで処理方法や回収の流れなどを知ることができる。このようにアフターサポートセンターを確認することで、知りたかった情報を入手したり、自力でトラブルを解決できたりすることも多い。