PR

高解像度の静止画や動画を快適に編集し、高精細映像として配信するには、高速なCPUやGPU、大容量メモリーなど、最先端の技術や仕様を盛り込んだ高性能PCが求められる。

 2021年7月16日から9月9日にかけて、大手町三井ホール(東京・千代田)で映像イベント「巨大映像で迫る五大絵師 ─北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界─」が開催されている(主催:フジアール、フジテレビジョン、BSフジ、ニッポン放送)。

 葛飾北斎、歌川広重、俵屋宗達、尾形光琳、伊藤若冲といった、江戸時代を中心に活躍した5人の絵師の作品を、巨大スクリーンで鑑賞するデジタルアート展だ。巨大スクリーンは、正面幅25メートル、左右幅各10メートルの全長45メートル、高さ7メートルの3面ワイドで、通常なら肉眼では見ることが難しいような細部までを表現した、高精細な画像を映し出す。美麗な映像と壮大な音楽を組み合わせた、これまでにない迫力の映像イベントだ。

観客を取り囲むように設置された3面ワイドのスクリーンは間近から見上げても上部まで鮮明で、安土桃山時代から江戸時代を生きた絵師たちの息遣いを感じさせる(写真はテスト投影の様子)
観客を取り囲むように設置された3面ワイドのスクリーンは間近から見上げても上部まで鮮明で、安土桃山時代から江戸時代を生きた絵師たちの息遣いを感じさせる(写真はテスト投影の様子)
[画像のクリックで拡大表示]

 葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」は、名所浮世絵揃物「冨嶽三十六景」全46図中の1図。高く激しく渦巻く波にもまれた3艘(そう)の小舟と、はるかかなたの富士山を配した構図は、世界でも広く知られた北斎を代表する作品だ。

 国宝「風神雷神図屏風」は、琳派だけでなく日本美術のイメージを象徴する俵屋宗達の傑作。風神と雷神の迫力ある映像をスクリーンの隅々まで映し出し、大音量の雷鳴と雨音が美しい映像を盛り上げる。

 作品は全体像だけでなく部分ごとに拡大して映し出され、絵の具を塗る際の細かな筆遣いや、版画の刷り跡さえも見てとることができる。例えば伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」は、重厚な金地の襖(ふすま)いっぱいにサボテンとニワトリを組み合わせて大胆に描き上げている。巨大スクリーンではニワトリの羽根や脚の細部までを映し出し、若冲の超絶技巧をつぶさに見ることができる。

 画像の細部まで巨大スクリーンに映し出すためには、どういった手法が取られたのか。制作された映像データは、実際の浮世絵や屏風図を1200dpi(ドット/インチ)という高解像度で多分割撮影した画像をつなぎ合わせている。一般にWebで表示される解像度の目安は72dpi、雑誌やカタログなど紙にフルカラー印刷する場合は350dpi程度なので、1200dpiというのがどれほど高解像度かが想像できるだろう。こうして制作した映像データを4Kのプロジェクター6台で3面スクリーンに映し出すことで、迫力ある映像体験を実現しているのだ。

「巨大映像で迫る五大絵師 ─北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界─」で、映像制作と映像送出を担当したメンバー
「巨大映像で迫る五大絵師 ─北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界─」で、映像制作と映像送出を担当したメンバー
[画像のクリックで拡大表示]