柏市立手賀東小学校は、タブレットPCを児童1人に1台配付し、情報活用能力を育んでいる。新型コロナによる休校中も、毎日2時間のオンライン授業で学習を支援。 目指す教育について、佐和伸明校長に話を聞いた。

児童1人に1台、堅強なタブレットPCを導入

 千葉県柏市立手賀東小学校は学制発布の翌年、明治6年(1873年)3月に開校した小学校で、手賀沼東側の人口減少地域に立地している。

 そこで同校では市内全域を学区とする小規模特認校の指定を受け、各学年16人程度を上限に、少人数での教育の良さを生かして、児童1人ひとりに応じた指導や特色ある教育を行っている。

 その中で目指しているのが、「不易と流行」の教育だ。時代を重ねても変わらないことを学ぶ「不易」では、学校で水田を借りての田植えや稲刈り、収穫祭など、周辺の豊かな自然環境を生かした体験学習活動を行ってきた。

 「ただ、自然を相手にした体験学習はそれぞれ1年に1回、その時季にしかできないので、この学校に市内全域から通う付加価値にはなり得ません。そこで目指したのが『新しい教育』です。『流行』、すなわち時代性をどう取り入れるかを考え、基軸を『情報活用能力』と『外国語』に据えました。

 これは学習指導要領の目指すところでもあります。変化が激しく、グローバル化が進む今日において、情報活用能力を育むことは、児童が力強く生きていく力を身につけることにつながると考えたのです」と柏市立手賀東小学校 校長 佐和伸明氏は語る。

千葉県柏市立手賀東小学校 校長 佐和伸明氏
千葉県柏市立手賀東小学校 校長 佐和伸明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 従来、情報活用能力育成の柱となるICT教育は、教師がパソコンなどを使って児童に教えることを指していた。しかし、児童の情報活用能力を本当に育むためには、児童自身が自分の端末を使って学んでいくことが重要だ。

 そのためには、公開授業など特別な時だけ、児童に端末を配るのではなく、日常的に授業で使うようにしていく必要がある。

 そうした観点から手賀東小学校では、児童が日常的に1人1台の端末を授業で使えるように、マウスコンピューターの文教向けタブレットPC「MousePro-P116」を導入した。

 MousePro-P116は、防塵・防滴を兼ね備えた樹脂製の丈夫な筐体で、屋外でも安心して使うことができ、机の上からの落下にも耐える。またスタイラスペンが標準装備されており、タブレットの画面へのスムーズな手書き入力が可能だ。

 「学校で使う場合、薄さや軽さよりも、机の上で安定して使えることが重要です。児童が日常的に気負わず使うためにも、机から落としたくらいでは壊れにくい頑丈さも必要。そのうえで、手ごろな価格で導入できることが大切です」(佐和氏)

 タブレットPCを使った学習は、低学年では付属のスタイラスペンを使って、表や式などを手書き入力することから始める。

 その後、学年が進んで扱いに慣れてくると、マウス操作やタッチ操作、キーボード入力など、各自さまざまな方法に習熟するようになってくる。

 タブレットPCには授業支援ソフトがインストールされていて、ホワイトボード機能や教師による教材の配付、回答の回収、正答率の表示などができる。

「MousePro-P116」は堅強なボディの2in1タブレットPC。文教向けモデルは、学校教育割引ライセンスにより、教育現場に導入しやすい価格が設定されている
「MousePro-P116」は堅強なボディの2in1タブレットPC。文教向けモデルは、学校教育割引ライセンスにより、教育現場に導入しやすい価格が設定されている
[画像のクリックで拡大表示]