PR

GIGAスクール構想実現を支援する端末として注目されているマウスコンピューターの「MousePro P101」シリーズ。最大の特長は、生徒の使い方に適した機能性と耐久性。文教向けモデルとしてサポート体制も充実している。

生徒に適した安心の頑丈さでGIGAスクール構想に応える

 文部科学省が打ち出したGIGAスクール構想により、義務教育の小・中学校において1人1台の学習用PCと通信ネットワークの導入が進んでいる。

 児童や生徒(以下、生徒とする)用端末の選定については、「機能はどのくらいあればいいのか」「サポート体制はどうなのだろうか」「適正コストはいくらだろうか」と頭を悩ませている自治体も多いのではないだろうか。そうしたなか、「MousePro P116」シリーズで文教市場に豊富な導入実績があるマウスコンピューターが、GIGAスクール構想向けに設計した「MousePro P101」シリーズを発売した。

 「『MousePro P101』シリーズは、GIGAスクール構想の仕様要件を満たすと同時に、頑丈さと生徒への使いやすさを両立しています」と語るのは、マウスコンピューター マーケティング本部製品部 エキスパートの小林俊一氏だ。

 株式会社マウスコンピューター マーケティング本部 製品部 エキスパート 小林 俊一 氏
株式会社マウスコンピューター マーケティング本部 製品部 エキスパート 小林 俊一 氏

 教育現場での使用に適した2in1タブレットとして、マウスコンピューターが提供していたのが「MousePro P116」シリーズだ。タブレットの状態から、11.6型の液晶ディスプレイを360度回転させると、キーボードを使うノートPCとしても利用できる。

 「MousePro P116」シリーズは、マウスコンピューターが実施したJIS規格準拠の落下試験で約75センチからの落下衝撃耐性を有し、机の上からの落下にも耐えられる。IP5Xの防じん基準に準拠しており、またキーボード部分はIPX2準拠の防滴試験に合格しているため、生徒が屋内外問わず安心して使える仕様だ。鉛筆などで傷つけられる恐れのある液晶ディスプレイ部分には、硬度7Hのガラスを採用している。インターフェースもUSB3.0 Type-A×1、Type-C×1、MicroSDカードリーダーなどを装備しているので、ほかのデバイスとのデータの受け渡しは万全だ。

 このような、「MousePro P116」シリーズの頑強さを保持しながら、より生徒たちが扱いやすい学習向けの端末へと進化したのが「MousePro P101」シリーズだ。

GIGAスクール構想実現を支援する端末として注目の「MousePro P101」シリーズ。「MousePro P116」シリーズの頑丈さを継承しつつ、生徒の使い方に適した機能性も兼ね備える
GIGAスクール構想実現を支援する端末として注目の「MousePro P101」シリーズ。「MousePro P116」シリーズの頑丈さを継承しつつ、生徒の使い方に適した機能性も兼ね備える
[画像のクリックで拡大表示]