PR
図1◎「マークX ジオ」を発表する、トヨタ自動車の渡辺捷昭社長。
図1◎「マークX ジオ」を発表する、トヨタ自動車の渡辺捷昭社長。
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車は2007年9月26日、3列シートの「マークX ジオ」を発売した。1列目と2列目は大人がゆったりと座れるように設計しながら、3列目はシートアレンジによりミニバンやワゴンのような使い方ができる。6人乗りと7人乗りモデルの両方を用意した。豊田自動織機の長草工場で生産する。月間販売目標台数は4000台。

 マークX ジオは、2005年の東京モーターショーで「FSC」(Flexible Saloon Concept)として出展していたものをベースとした。マークXが持つ上級セダンとしての上質さなどのコンセプトが共通であることから、名称にマークXを付けたという。プラットフォームは、マークXとは異なる。

 パワートレーンは、V型6気筒3.5Lエンジン「2GR-FE」に6速AT(自動変速機)を、直列4気筒2.4Lエンジン「2AZ-FE」にCVT(無段変速機)を組み合わせる。2.4Lエンジンには4輪駆動モデルも用意する。ボディサイズは、全長4695×全幅1785×全高1550mmで、ホイールベースは2780mm。

 プラットフォームは、ハッチバック車「オーリス」「ブレイド」と同じ「新MCプラットフォーム低床」を採用した。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式でリアがダブルウィッシュボーン式。

 後面衝突時に頭部への衝撃を抑える前席のアクティブヘッドレスト、ステアリングとブレーキを協調制御することで車両走行を安定化させるS-VSCを全車標準装備した。社内試験によるとJNCAPの衝突安全性能は六つ星、歩行者頭部保護性能はレベル4を見込む。

 オプションで、ミリ波レーダを用いて衝突時の被害を軽減するプリクラッシュ・セーフティ・システムや、先行車との車間距離を一定にして走行する先行車追従機能、駐車支援システム「インテリジェント・パーキング・アシスト」対応モデルを用意した。

この記事を中国語で読む

図2◎フロントビュー。
図2◎フロントビュー。
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎リアビュー。
図3◎リアビュー。
[画像のクリックで拡大表示]
図4◎インパネ。
図4◎インパネ。
[画像のクリックで拡大表示]
図5◎マークX ジオのカットモデル。1列目と2列目シートの様子。
図5◎マークX ジオのカットモデル。1列目と2列目シートの様子。
[画像のクリックで拡大表示]
図6◎3列目シート。
図6◎3列目シート。
[画像のクリックで拡大表示]