PR

 ホンダは、新型「インスパイア」でエンジンと車体がロールする方向をそろえ、コーナリング時に自然な挙動をさせるようにエンジンマウントを工夫した。コーナリング時、車体は外側にロールするが、エンジン(実際にはエンジンと変速機が直結しているので、変速機も一体に動く)は内側にロールするのが普通。このため不必要な動きが起き、自然な操作感を損なっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料