PR

マツダが2008年1月29日に発表した「アテンザ」には,60km/h以上の走行時に後ろから接近する車両をマイクロ波レーダで検出する「リアビークルモニタリングシステム(RVM)」を設定した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料