PR

 トヨタ自動車の新型「クラウン」では,車載LANシステムに「新・電子プラットフォーム」を採用した。「個々の電子制御ユニット(ECU)の処理能力や車載LANの通信容量を従来型の2倍以上に増加した」という。具体的な詳細は明らかにしていないが,「従来型と比較して2倍の情報量を,ECU間でやり取りしているという意味。ECUの処理能力などを向上することで実現した」(同社の説明員)という。車載LANの構成として「大きな変更点はない」(同説明員)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料