PR

トヨタ自動車が2008年2月18日に発表した新型「クラウン」。2003年12月に発表した先代クラウンの場合,50個の電子制御ユニット(ECU)を搭載していた。クラウンのみならず,クルマに搭載されるECUの数はクルマのエレクトロニクス化に伴い,増える一方である。この結果,「車内でECUを搭載するスペースが,もはやない」「各種ECU向けソフトウエアの開発量や開発時間などが指数関数的に増加して対応しきれない」といった問題が浮上している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料