PR

 ホンダの新型ミニバン「フリード」は月間4000台の販売台数を予定する国内専用車。グローバルに生産・販売する「フィット」に比べて計画台数が少ないため、フィットなどとの共用化率を高める、高張力鋼板の適用を抑えるといった工夫によって開発・生産コストを抑制した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料