PR

 ホンダは、2008年5月30日に発売した新型ミニバン「フリード」の受注台数が、2週間で1万台を超えたと発表した。月間販売目標台数の4000台の2.5倍以上となり、好調な立ち上がりとなった。購入層は20~40代のファミリー層が中心で、取り回しの良いボディサイズと後席空間の広さ、運転席からの視界の良さなどが好評という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料