PR

 ホンダは2008年11月6日、4代目となる新型軽自動車「ライフ」を発表した。新開発プラットフォームの採用で車両質量を約40kg軽量化したほか、エンジンの改良で燃費(10・15モード)は1km/L向上させた。軽自動車として初めてバックモニターを1部車種を除いて装備する。先代で導入した駐車支援システム「スマートパーキングアシストシステム」は、前進時だけでなく後退時にまでステアリング操作を自動化したことで使い勝手が向上した。発売は2008年11月7日。月間販売目標は1万3000台。八千代工業の四日市製作所で生産する。価格は94万5000円から。バックモニター搭載グレードは103万4250円から。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

5/25(火)自動車未来サミット、オンライン開催

SUBARU、ボッシュ、デンソーなど登壇。次世代モビリティーを支える技術とビジネスを語る。

お急ぎお申し込みください!

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中