PR

 日産自動車は2013年12月に発売する「エクストレイル」の自動ブレーキ機能に、前方障害物の測距用センサとして単眼カメラを採用することを明らかにした。測距センサとして一般に、ミリ波レーダやステレオカメラ、レーザレーダがよく使われる。単眼カメラで障害物との距離を測れるとシステムを小さく安く、簡単にしやすい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料