PR

 後工程サービス大手の台湾Siliconware Precision Industries Co., Ltd.(SPIL)の2007年第3四半期の業績は,連結売上高が179億900万台湾ドル(対前年同期比(以下YOY)22.6%増,対前期比(以下QOQ)17.6%増)と,見通し(QOQで10~15%増)を上回った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料