PR

楽しく,好きなものをつくろう

 ここから言えることは,西氏のようなマニアを満足させるクルマをつくるには,中央部から外れたところに位置するクルマを開発する必要があるということになる。それにはどうしたらよいのか。対談の中でいくつかヒントになる言葉があるように思った。

 例えば,「遊びのために所有するのだから,真剣に作るというよりも,楽しく作った方がいいのではないか」,「設計者に1億円くらい渡して好きな車を10台買って、乗ってもらう。そのうえで設計するといいのではないか」といった「提案」は,極端であるが,あるポイントを押さえているようでもある。

 また,自動車に限らず,デジタル家電分野でもそうした傾向があるのではないか,といった話に展開した。例えば,ミュージックプレーヤー分野で,日本メーカーは先行していたにもかかわらず,米Apple社のiPodになぜ敵わなかったのか。西氏は,「Appleに勝とうと思うからいけない。別に勝たなくてもいい、『オレが好きなものをつくるんだ』,という姿勢が重要ではないか」という。まさに,iPodは,CEOのSteve Jobs氏が裏側の鏡面仕上げにまで口を出して,自分の好きなようにつくった製品である。

中央部に位置する日本の製造業

 こうしたやりとりを聴いていて筆者が思い浮かべたのが,日本の製造業が高い競争力を持つ製品は,そもそも「中央部」に位置していているものだ、という指摘である(関連した以前のコラム)。縦軸に量産化の度合い,横軸に複雑度の度合いをとると,日本メーカーは,そこそこの複雑度で,そこそこの量産規模の製品で競争力が高い。自動車や精密機器,スペシャリティケミカル品などである。

 特に自動車産業では,まだまだ中央部は健在であり,将来的にも,とりわけ中国などの新興国では中央部に位置することは大きな強みであり続けるだろう(関連した以前のコラム)。ただし,特に先進国では,そこそこの特徴をもつ中央部の製品に対するニーズが減っていく可能性があるとしたら,対応または心構えが必要なのではないか,ということである。

 実は筆者は,駆動部がキーコンポーネントで,安全性が要求される自動車は簡単にはモジュラー化せず,パソコンやウオッチの様には中央部から離れることにはなかなかならないのではないかと思っているが,可能性の一つとして,または思考実験の一つとして考える価値はあると思うのである。